貫汪館 名古屋西支部

Kan ou-kan Nagoya Nishi Branch

澁川一流柔術(しぶかわいちりゅうじゅうじゅつ)とは

ここでは貫汪館 名古屋西支部で稽古している「澁川一流柔術」についてご紹介致します。

澁川一流は天保年間に首藤蔵之進満時(しゅとうくらのしんみつとき)によって創始されました。

首藤蔵之進は叔父で宇和島藩浪人と伝えられる宮崎儀右衛門満義(みやざきぎえもんみつよし)から
「渋川流」(しぶかわりゅう)「難波一甫流」(なんばいっぽりゅう)を習い、
更に他所で「浅山一伝流」(あさやまいちでんりゅう)を修得し、この三流派を基に「澁川一流柔術」を興しました。

澁川一流の特徴

澁川一流は素手対素手の技、素手で剣などの武器に対する技、
棒術(短棒・三尺棒・六尺棒)、十手、分童、鎖鎌、抜刀術などの武器術から成り立っています。
全ての形は飾り気がなく、単純で素朴な動きで相手を制するよう組み立てられています。


Copyright(c) 2013 Kan ou-kan. All Rights Reserved.

inserted by FC2 system