貫汪館 名古屋西支部

Kan ou-kan Nagoya Nishi Branch

大石神影流剣術(おおいししんかげりゅうけんじゅつ)とは

ここでは貫汪館 名古屋西支部で稽古している「大石神影流剣術」についてご紹介致します。

大石神影流は幕末の柳河藩士、大石進種次(おおいしすすむたねつぐ)によって創められました。

柳河藩では代々、剣術と槍術の師範を務める家が多くあり、大石家もそういった家系でした。
大石進は祖父から家伝の「愛洲陰流剣術」(あいすかげりゅうけんじゅつ)「大嶋流槍術」(おおしまりゅうそうじゅつ)の教えを受け、
愛洲陰流を基に自らの工夫を加え「大石神影流剣術」を興しました。

剣術の稽古は旧来、決まった手順の形を繰り返し稽古する「形稽古」が主流でしたが、
当時は多くの剣術流派で、防具を着用し竹刀で自由に打突する「試合稽古」が導入され、
他流試合が盛んに行われるようになった時期でした。

天保年間に江戸に出た大石進は江戸の多くの有名剣術道場と試合を行い、
優れた技量を示したことから、大石神影流を修行すべく、全国の武士が
柳河藩へ廻国修行(武者修行)に赴いたと伝えられています。

大石進以降も代々大石家によって受け継がれ、現在も継承され続けています。

大石神影流の特徴

形 = 手数(てかず)

大石神影流ではいわゆる「形」を「手数」と呼びます。

大石神影流は試合を得意としましたが、形稽古を軽視するようなことはなく、
試合は形の応用と考えられていました。
現在伝わっている「手数」には

刀 対 刀の形
刀で槍に対処する形
長刀で刀に対処する形
棒で刀に対処する形
抜刀術
二刀術
小太刀で刀に対処する形    などがあります。

長竹刀・突技・胴切

一般的には長竹刀を用い、突技と胴切を得意としたことで有名な流派ですが、
「手数」の中にそのような技が特に多く表されているわけではなく、
『いつでも突技に入れる体勢』が重視されています。

刀の長さ

上述のように長竹刀で知られた流派であり、
稽古には総長(切先から柄頭まで)3尺8寸の長めの木刀を使いますが、
これは用いる刀の長さが「概ね立ったときの乳の高さ」と定められているからで、
幕末の柳河藩士の平均的な身長に合わせた長さがこの長さだと考えられます。

竹刀の長さも当然この基準に合わせたものを用い、
身の丈7尺といわれ、かなり背が高かった大石進は5尺3寸の長竹刀を用いたと伝えられています。


Copyright(c) 2013 Kan ou-kan. All Rights Reserved.

inserted by FC2 system